はやくねこになりたい

スターオーシャンアナムネシスに没入するアラサー会社員が自由を得るblog

アラサーレイニーホリデー

目覚めは虚無と共に

 

西日本が記録的大雨に見舞われている。私の住まい近辺は風が強いのみで、今のところ雨は降っていない。

最近、薬の影響か、寝起きがめちゃんこ悪い。仕事がある日はもちろん、休日も変わらずである。

今朝は7時ごろに起きて、ねむねむしながら朝ごはんを食べた。おいしい。

そしてソファーにごろりんちょ。食事により一旦は沈静化したねむねむがまた疼きだした。

私はリビングに隣接している寝室に向かい、再び眠りについた。家の間取りが寝ろと言っているようなものだ。ディープスペース艦が戻って来た通知で一回目覚めるも、次のポイントに発進させる間に2,3回寝落ちした。そして発進して、寝た。

 

家のチャイムが鳴る。今日はマンションの設備点検だった。アディダスのジャージを羽織って対応。着てたのがユニクロのブラワンピでよかった。流石にちゃんと起きた。

ユニクロのブラワンピは最高だ。ラクだし、なんとなくオシャレな気分がするし、何よりラクだ。大事なことだから2回言いました、ってやつだ。オールウェイズブラトップはよくないけど、ノーブラでいるよりは何らかの布で胸を支えていた方が、胸のたるみを遅らせられるそうだ。だから私はブラワンピを着る。

最高だ みんなも買おう ブラワンピ

川柳を詠んでしまった。虚無感がすごい。

 

最近よくうさぴよの絵を描いている。虚無を打ち消すべく、その作業に勤しむことにした。

私はCamScannerというハイパー優秀なアプリで手書きの線画を撮影し、アイビスペイントというミラクル優秀なアプリを使って着色している。両方無料アプリである。普段使いのアイポン6Sで満足度の高いお絵かきができるとは、いい時代になったものだ。

そう、アイポン6S。6Sはアイポンの中でも比較的画面が大きい方だが、これで細かい作業をするのはまぁまぁしんどい。あと最終的に利き手の人差し指がめっちゃ痛くなる。タッチペンなどと言うものは私は持っていない。

 

人差し指が痛くなってきたあたりで、すでに13時近いことに気づく。昼食を取らねばならない。私はBMIが18なのだ。体に栄養が必要なのだ。

昼ごはんはカップ麺にすることにした。土日っぽい。タンメンおいしい。

カップ麺を開発した日清食品は本当に偉い。偉業をなしている。

BMIが18の人間に推奨される食事ではないことは理解しつつ、気合い入れて栄養バランスを考慮した食事を用意する、それもまたストレス→痩せる。だからいいんだ。利己的な考え方である。

 

昼食によりお絵かきを一旦中断したら、やる気が失われた。

ポケモンGOを起動する。ポケモンGOではこの土日にイベントが予定されていたが、荒天のため延期になったのだ。これにより、本日私が外に出る理由は無くなってしまった。

しかし31日まで続くサングラスピカチュウの大量発生は予定通り実施されている。起動すると我が家はウェイなピカチュウに包囲されていた。

乱獲。乱獲の始まりだ。私はピカチュウだいすきクラブの金メダルが欲しいのだ。今月中にあと170匹のおピカを捕らえる必要がある。

しかしポケGOも負けてはいない。捕らえても捕らえても湧いてくるウェイピカたち。私のモンスターボールは一瞬で底を尽きた。まだ雨は降っていない。外に出る理由ができてしまった。

しかし現在の時刻は13-15時のど真ん中。そう、インゴットミッションタイムinスターオーシャンアナムネシスである。

アナムネ内の私は金がない。しかしひたすらに周回するのは耐え難い。そして空模様がどんどん怪しげになっていく。早くボール拾いにいかな。でもインゴット欲しい。。

私は周回担当タイネーブのレベルが上がるまでインゴットミッションを回ることにした。

f:id:hayoneko:20180707224001p:image

上げる。

その間、あまりに手持ち無沙汰なので、このブログを書いている。そう、何の意味もない。ただのアラサーOLお留守番日記である。

f:id:hayoneko:20180707224013p:image

15時になった。レベルは上がらなかった。

思うほど 周回できない ゲストマルチ

また一句読んでしまった。

 

虚無感に襲われて家を飛び出す私。モンスターボールを求めて近隣を彷徨う。

ちなみに雨は霧雨程度ながら、ガンガンに降っていた。朝から降っていた。家を飛び出して気づいた。いろんな感覚が鈍い。

 

帰宅。モンスターボールは、家を出る前より10個増えた。

すくねぇ。彷徨っている間にも、ピカチュウの猛襲を受けたのである。そしてピカチュウは捕まえにくい。いたずらに数を減らすボール。

同じようなことをしていると思しきおじさんとすれ違った。おじさんはスマホを見ながら歩いており、対面に向かってくる私に全く気づかない。私はひらりと身を交わしてやった。指使いはまさにモンスターボールを投げるそれだった。

確信を得たのはその数十分後。人通りの少ないところにあるポケモンジムで、エレブーのレイドバトルをやっていたので、独りでチャレンジするつもりで向かったら、そのおじさんがいた。

私はおじさんと可能な限りの距離を取って、独りレイドバトルをした。勝てなかった。でんきにはじめん、という学びを得た。

 

とにもかくにも私は帰宅した。ボールはあまり増えなかったけど、私は満足だ。引きこもって終わるはずの休日に、ウォーキングじみた運動をすることができたのだから。私の身体からその数を減らし続けているであろう筋肉、わずかでもその歯止めになっただろうから…

 

5000歩ぐらいしか歩いてないけど、めっちゃ疲れた。雨の中いろんなものに気をつけながらポケGOをするのはMPを使う。とりあえず傘差しながらはマジで危ない。私は傘を閉じて防水のパーカーでしのいだ。

後半はスーパーで買い物して2kgぐらい荷物持ってたので、一層つかれた。はーどっこい。しかしこのスーパーで買った桃がおいしかった。わたしはしあわせを得た。

旬のもの 進んで食べよう おいしいよ

また一句詠んでしまった。虚無すぎる

 

 

夫がいない日の子無し妻の一日はこんなかんじです。本当にただの日記でした。虚無ってワードがその意味を成していない自覚はあります。ありがとうございました。