ハヨネコ東京1K日記

スターオーシャンアナムネシスに没入するアラサー会社員が東京に突撃したblog

星海祭2019レポート 〜アナムネ日記 2019年5月25日(土)〜

f:id:hayoneko:20190526083958j:image

今年も開催おめでとうございました星海祭2019!

星海祭2018以降の1年、アナムネシスはまーじーで色々あったけど、実現して本当によかったよね。。

 

チケットは発売即日取ったものの、直前までは正直去年ほどわくわくしていなかった。

ツイッターで情報取りに行くのあんまりしなくなったせいかもしれない。仕事が忙しすぎたせいかもしれない。

しかし当日の朝、1時に寝たのに5時半に目が覚めた。めっちゃわくわくしとるやないかい…

 

目次だ!何故なら死ぬほど長いから!!

 

 

EP1:旅立ち〜物販

chapter1:準備〜出発

当日、天気予報では最高気温31度予想。

f:id:hayoneko:20190526084021j:image

当日朝のフレンドリープレゼント。体力温存だいじってこったね…ありがとうよアシュトンアンカースエターナル俺の嫁

って

f:id:hayoneko:20190526084033j:image

おバカ!こんな日にそんな格好で行ったら死ぬぞ!!あとウルルンがなんとも言えない感じになってるよ!?

このように日除け・気温対策が必須の気候であったため、私は帽子と日焼け止めを持参しようとした。

しかし、ここは東京1Kの仮住まい。帽子と日焼け止め、名古屋の本宅にぜんぶ置いてきたわ\(^o^)/やっベー

そこで私は、買うのが面倒なので無しで済ませることにした。(ォィ

頭にタオルをかぶってしのぐことに。オッサンである。

それでも熱中症の怖さは分かっているので、道中のミニスーパースポドリ500mlペットボトルを購入。自販機じゃなくて店舗なら100円しない。やっすい。

加えて、去年バナナと紋章芋しか食べられなかった点を鑑み、アンリさん食も購入。

アンリさん食とは。いわゆる栄養調整食品である。今年2月のモーフィス親子&アンリさん実装イベントを通っている君なら分かるはずだ。インバーである。

 

また、去年の私は「このようなコンテンツイベントでは、ファンであることをアピールできる装いに身を包み、またアピールアイテムを持参しなければならないのでは?」と異常にビビっていたが、いざ参加してみたらそんなものは無用であることを理解。

しかしなんかあるなら持って行くに越したことはないよね…と思い、去年の星海祭でもらったコロちゃん団扇とキンブレを持参。

f:id:hayoneko:20180521083156j:plain

団扇これな。でかいから道中けっこう邪魔なんすけど…

 

以上、装備を整えて、いざ出陣!

しかもやっぱり舞浜でも若干迷った。方向音痴。

f:id:hayoneko:20190526203152j:image

クラッカー(星3オーブ)

 

chapter2:到着

そして9時に会場到着!

去年は開場1時間後の11時に会場に到着するというやる気のない有様だったが、今年は開場時間に到着。進歩、いや、回復したのである。

そう、思っていたより全然並んでいなかった。

整列前のチケット&荷物チェックにて、スタッフさんに「去年の団扇ww」って言われる。ツッコミありがとうございます。

 

並び始めて15分かそこらで屋内に入ることができた。タオルかぶってる頭だけオッサンスタイルはすぐ解除された。

入り口では前日の公式ツイッター宣言通り、熱中症対策の飲み物が配布されていた。500mlペットボトルのお茶である。

しかもスタッフさんは「よかったらもう一本どうですか?」と2本以上勧めてくる。なんか余ってるらしい。開場して大した時間も経ってないというのに。どうしてこうなった…?

ハヨネコさんは重装備できないタイプのキャラなので、既にスポドリも持ってるし1本だけいただく。

お茶はサン●リーの天然水緑茶だった。はじめて飲んだ。

うん。お茶だわ。お茶。

しかし一口飲む度に「なぜ入れた…ミント香料。」という思いが去来する。コメントは以上にしておきます。

 

chapter3:物販

さて、しばしして、物販待ち行列がざわつく。

なんと9時半にエイルマットPさんのアクリルスタンドが売り切れる\(^o^)/

は や

アクリルスタンドは去年も売れるの早かった。今年も同じぐらい早かった。

続いてアンリさん→ウェルチ→ユーイン→蒼星クロレナ以下略という順番で次々とやられていった。

個人的にはカーリンティカといった美少女キャラが割と最後まで残っているのが意外。アクスタ需要はイケメンの方にあるらしい。

やっちゃいましたねスクエニさん。考え方が私と一緒なのだろうか。

アクスタ以外で一番最初に売り切れたのは意外にも扇子でしたね。暑いから?去年の夏コミの在庫残りだけだったからか…?

 

私の買い物が終わったのは10時半。

現金払いしてたら10時過ぎには済んでたと思う。カード払いレジが1個しかなくてめっちゃ混んでたのだ。私があと10人ぐらいでレジだな〜っていう時、現金払いレジは既に列ゼロだったからな。。

去年はむしろカードの方が早かったような…?この一年でキャッシュレス決済意識がめちゃくちゃ浸透したのだろうか。

結果として去年とグッズ列に並んでいる時間は対して変わらなかった模様。それでもあんまり長く感じなかったのは、ずっとブログ書いてたのと、待ってる時間の大半が屋内だったからでしょう。

f:id:hayoneko:20190526094344j:image

こちら購入品。キンブレは比較のため去年のと並べてみた。

今年あんまり買う気なかったんですが、結果として8000円ぐらいになりました。

付箋は補充。タオルは今の家にあんまり数ないのでせっかくだから。日常使いする気満々。

自分がオタクである以前の生活スタイルとして家に物を増やしたくない私としては、ギョロウルも置いておいてもどうしたもんかねコイツら…と悩みはしたものの、此奴らが立体化される機会はもう一生無いだろうなーと思い購入。使用感は後述。

 

買わなかったけど、Tシャツは去年のがカッコよかったよね…全シリーズのロゴが入ってるところが燃えるんだよなぁ。

むしろスタッフさんが着てたスクエニのポロシャツがほしかった。暑かったからか銀河連邦ジャージの人は今年は和ヶ原せんせーだけでした。

 

chapter4:フード

さてお次は腹ごしらえ。フードの列に並びます。

去年は物販の次に並ぼうとしたら衝撃の120分待ちでしたが、今年は私が並んだ時には列はほとんどナイナイ状態で非常にスムーズでした。

f:id:hayoneko:20190526094429j:image

今年はアンフィシアター入って正面ののフードカウンターからの提供に。去年は前にパネルが並んでいて全く見えませんでしたが、こういうコーナーがあったのね。

レジ、コースター渡し、フード提供口の順で分割されており大変スムーズでした。

f:id:hayoneko:20190526094416j:image

入場直後から時折聞こえてきた拍手。

このバナナチャレンジに当たった人が現れると鐘を鳴らしてお祝いしてくれていたのです。私はもちろん全ハズレでした。

ドリンクはこちらを購入↓

f:id:hayoneko:20190526094441j:image

星海カフェラテ。名前だけでただのカフェラテでしょ…て思ってみたら、アラザンで星海感を醸していた。ちょっとうれしい。

f:id:hayoneko:20190526094404j:image

フードはこちら。ミカエルのスパイシー焼きそば、紋章芋、そしてアシュトンのチーズドッグ。そしてカフェラテの星海部分が既に沈没している。ちゃんとトレイに乗せて提供してくれるやさしさ。

わたくしぼっち参加です。量的なことを考えるとチーズドッグか芋はいらんかった気もするが、夕方ちゃんとおなかすいたからいいでしょ。

焼きそばは獄級にとどめておきました。スパイス部分当たるとまぁまぁ辛かったですが、美味しく食べられるレベルでした。

あれが何級かは分かりませんが、私が会場で目撃した高難易度と思しき焼きそばはただただスパイス粉末が増えるのではなく、ソースがかかったり糸唐辛子が乗ったりしてましたね。こいつはヤバいやつだぜ…!

紋章芋はフライドというより蒸かし芋に近かったような。。すぐ薄れるアラサーの記憶なのでなんともですが、去年の方がもうちょっと揚げた感があってもっちりしてても美味しかった印象。はずれではない。

はずれっぽいのは問題のアシュトンのチーズドッグですよ。

f:id:hayoneko:20190526201629j:image

半分、青い。(ソースが)

全く食欲をそそらないこの色。まずいはずは無いんですが、単品で舐めてみる気も起こらない。。

f:id:hayoneko:20190526201641j:image

しかし私の永遠の最推しアシュトン=アンカース(20歳おとめ座)の名を冠しているものを食わないわけにはいかないよな、、という謎の責任感に駆られ購入。顔は出さないくせに今回何かとフィーチャーされた男。

いざ実食。

うわ

普通のホットドッグ

チーズ感あんまり無かったです。マスタードっぽい味はしなかったので青いのもケチャップのような気がしました。

f:id:hayoneko:20190526201651j:image

ウルルンはわるくないよ…

 

フードを堪能するは、屋外の飲食スペース。ぼっちのわたくしでも机つきの座席を確保することができました。

しかし

f:id:hayoneko:20190526094452j:image

暑い…暑くて死ぬぜ…

気温もだけど日差しもスターフレアだわ……ぁだから座れたのか?

まぶしいし日焼け止め無いので、急ぎはしないもののさっさか食べて退散しました。

今年は行列少ないし、並んでもほとんど屋内で本当によかったですわ。

 

chapter5:暇

11時半にはフードを片付け、屋内に退避。

座ってようかな…と思って地下の休憩所に行ってみるものの流石に満席。さて、客席の開場までどうしよ。

売り物系がめちゃくちゃ快適になった反面、シアター開場まで他に見るものが無くなってしまったのが致し方ないとはいえ今回残念なところ。

f:id:hayoneko:20190526222625j:image

f:id:hayoneko:20190526202952j:image

この垂れ幕ぐらいである。2019〜の文言は上から貼ったか…?と思ったけど去年の写真見ると最初から剥がせる仕様であった模様。

 

暇なオタクはツイッターで無限に時間を潰せる。星海祭ハッシュタグを見ると、皆様バッジとコースターの収集に勤しんでいるようだった。

f:id:hayoneko:20190526203127j:image

私がカフェラテのおまけで手に入れたコースター。

ネコちゃんもいたんだねぇ、しかも3匹。アナムネで見るスタンプは小さいけど実は芸が細かいんだよね。

しかし私はコースターとかこういうの集めない派なので、欲しい人にもらってもらった方がいいかなと思って、アナウンスしたツイート見つけてくださった方に差し上げました。

ダブりまくってるのでどうぞ…と言っていただけたので、私のスターオーシャンは2から、ということでクロード&レナをいただきました。これで念願のパッと見で分かるスタオオタアピールができるぞー\\٩( 'ω' )و ////

 

しかしやっぱり暇だった。

私はポケモンGOガチ勢でもあるので、随時ポケGOを起動しアンフィシアターのジムでレイドバトルで始まらないかをチェックしていた。

そしたらこのひまひまタイムにユクシー(でんせつポケモン)のレイドバトルが始まった。よっしゃー余裕の20人集合!

レイドバトルが開始した直後、ざわつく会場。顔をあげると、なんとそう遠くない位置にゆのリーシュちゃんが登場!!

f:id:hayoneko:20190526094506p:image

ディープスペース艦も帰ってくるし、意味もなく画面が下部にスライドしているあたりにパニックに陥っている感がにじみ出ている。

目の前ではゆのリーシュちゃんとお客さんとの写真撮影列ができておった。私は並ばなかったけど、ひとりひとり笑顔で応じてくれた模様で遠目で見てもとってもかわゆかったぞ…!おかげさまで手元のアイポン内では4回目トライにしてユクシー初ゲットを達成したものの、達成感全く無し!

 

chapter6:客席オープン

12時半に客席が開いた。やることないので13時半まで基本ずっと座っていた。

モニターではスターオーシャン3〜5を始めとしたスクエニゲームのPVが延々と流れていた。

移植版も多々あり。VPとかFF9とか10とかな…なっつかしいわ…

新作についてはこういう機会でもないとまじまじと見ないもんね〜うわあああロマサガの曲かっこよすぎる

にしてもPS4のゲームはどれも映画みたいな映像だなぁ。果たしてゲームとしておもしろくなってるのだろうか、推し量れないよね、、RPGなんちゅーのはそんなもんか。

 

去年の様子が全く思い出せないのですが、端のブロックの席は未開放でした。今年は人数絞ったのかなぁどうなんでしょ。

いろいろあったからねぇ、どんぐらいの人入りがあるのか運営側は判断がなかなか難しかったのではなかろうか(´・ω・`)

 

場内アナウンスはコローザ様からちょいちょい入るのはもちろん、今年はアンフィに来れなかったコロの船クルーからもメッセージが。

最初はティカちん、たぶん18歳の方。理由は咳したらレコロから緊急メディカルチェックを強制されたからとのこと。過保護。。

お次はリーシュ。今年もディープスペース探査をかぶせられたそうな。艦長采配悪すぎィ

 

EP2:ステージ編

chapter1:オープニング

13時半、ようやっとステージ開演。今年は大ボリュームだぜ…!

宇宙のムービーが流れ始め、ステージ中央の奈落から何かがせり上がってくる。

去年はスクエニの社長でしたが、今年はなんと、

CIVILIANのお三方が、バンドセットと共に登場!!

ツインエクリプスのオープニングを熱く彩ってくれたテーマ曲「何度でも」を生演奏!\(^o^)/カッコいい〜!!

フルコーラス演奏後、ボーカルの人が一言。なんとスターオーシャンシリーズぜんぶプレイしていらっしゃるそうで、こうやって関われてとっても嬉しいとのことでした。いい話だ〜!

 

chapter2:朗読劇

オープニングで盛り上がったところでそのまま朗読劇開始。

今回はSO3よりマリア=トレイターさんが主役。

艦長の留守番中に艦長代理を任されたマリアさんウェルチが巻き起こしたトラブルきっかけでなんやかんや…というのが大まかなあらすじですかね。

艦長代理…

hayoneko.hatenablog.com

昔こんなん書いてたな私。。

カジノイベントの時のラジオーシャンで「今どき根谷さんがゲームに出てくれるのはなかなかない」というのを中村さんがゆうとった気がしますが、そんな根谷さんが2時間近い長丁場の主役を張ってくれるという点においても大変貴重な機会だったのではないかと。

 

今年も脚本は安心と信頼の和ヶ原先生!

東地さんに昨年と同じく4役をやらせ、しかも今年はコローザ様と鬼ごっこ(リアルの方)を4ターンもさせるというこき使いっぷりw 半場さんもWウェルチだったぜ…!

リアルに声優さんを動かす演出といえば、ジヴェルの登場シーンでは、おどろおどろしい雰囲気の中、小野さんがなんと奈落からせり上がって登場…

…小野さんもこのあと自分でツッコんでたけど、おもしろかったよねwwバンドセットが乗るあのでかい奈落から、小野さんがただ一人www もちろん超いい声でした。お得意の高笑いもあったよ!

スクリーンでは登場キャラのアナムネイラストが投影され、たまに朗読劇のシーンを描いたイラストも挟まれる演出。今年のご担当はねこむらおたこ先生。

ねこむら先生といえば艦長さん家の日常はもちろん、我々アラサーには4コママンガ劇場でもおなじみ。デフォルメタッチのイメージ強しですが、頭身高い絵もよきですね。触手カーリンはいろんな意味でドキドキしたぜ…///

更にバトルシーンでは、アナムネシスのラッシュコンボ映像が挿入され、必殺技ボイスが生で聴けるというファンにはたまらんサービスも。映像は無しですが、個人的にはエイルマットとカーリンのW煉獄掌が熱かったです。

ラストはまさかの衣装チェンジ祭り!アナムネならではの衣装替え要素を活かしてくるのも流石和ヶ原先生、匠の技。

ソフィアちゃんの「にゃー♡」が生で聞けたよ〜。榎本さんは全体的にぴょんぴょんしてお芝居してて可愛かったですわ(*´▽`*)

 

去年イマイチだったBGMも改善されており、演出も脚本も文句なしっ!

惜しむらくはマイクのオンオフミスがちょっと目立った点ですかね。。まぁオペレーションミスはある程度は仕方ないので、それよりも去年よくなかった点を改善しつつ、演出もパワーアップしてるということはとても評価すべきと思います。今年も大満足でした!

 

chapter3:休憩その1

15時15分から45分まで休憩ターイム。

小腹が空いたのでフード行こうかと思ったけど、考えることみんな一緒で一瞬で20分待ちとかになったのでやめといた。

この日、千葉南部で震度5弱地震があったのですが、この休み時間トイレに並んでたらその地震でアンフィシアターも揺れました!うへぇ〜

開演前にリーシュちゃんが「舞浜アンフィシアターは耐震基準がどーたらで地震に強い建物です!」ってアナウンスしてた通り、全く被害はありませんでしたが、外の電灯もめっちゃ揺れててちょっとびっくり。

10数分前後してたら公演が台無しになっちゃったから、このタイミングでよかったですわ。。

 

この休み時間の場内アナウンスゲストは、なんとエッジ=マーベリックさん!

アナムネにも新録来てないのに…ハッ、フラグ?!('-')

エッジさんのボイスメッセージが終わると、モニターにコローザ様の動画が流れ始めた。

我々は意図が全く分からない謎の筋トレを数分見せつけられた。

かと思いきや、お次は「コロコロ3分クッキング」という3分かかっていないクッキングコーナーが始まった。献立は白米・海苔・愛を用いたおにぎりでした。なにこれ

 

chapter4:星海RADIO 出張版

スターラジオーシャンよりは深みのあるスターオーシャンの話をしているものの、だいたい幼なじみの話しかしていないことで有名な星海RADIO。

冒頭MCの二人が聞いた会場のリスナー率が、星海祭とは思えない低さで笑いました。

ここに来て思い出したよ。セングラの話ばっかしててバカ笑いしまくってる小野さんのせいで、豊永さんがだいぶまともな人のような気がしてたけど、

去年この会場でEP2が発表された時、豊永さんは信じられないくらい冗長なコメントを寄せてきて、話長すぎ声優として認識されていたということを…!

まぁそんなお二人のコーナーですが、出張版ということで、井澤さん半場さん赤崎さんのお三方をゲストに迎えての進行に。

和ヶ原先生をお迎えして、5人の演じた各キャラの裏話を聞くという星海祭らしいコーナーが展開!

が、しかし、

ここでハヨネコに異変が起きた!

 

chapter5:ギョロとウルルン

話は朗読劇にさかのぼる。

朗読劇において、客は座っているだけである。

私は思った。

「この使い所が無いことを確信しながら購入したネックピローもといギョロとウルルンを首回りにセットするのは、今が絶好の機会なのでは?」

そして私はアナムネで万年セットしている称号通り、双頭龍を継ぐ者となった。

首の安定感は抜群である。

そして手持ち無沙汰なので、ギョロを終始よーしよーししていた。

よーしよーし

主にギョロを。たまにウルルン

何故なら私は右利きだから。

こりゃウルルン怒るわ…って思った。(SO2ではいつも「ギョロとウルルン」と呼ばれることにウルルンがご立腹しているPAがあります)

 

これがよくなかった。

私は普段ネックピローなど全く使わない人間である。

慣れない肩の重み、そして首回りの動かなさに体がリミットブレイカー。

肩凝りが、やばい。

休み時間めちゃくちゃストレッチしたものの、星海RADIOに突入した頃には頭まで痛くなってきた。

 

そして「なんでわがちんがここに?」のくだりで、気絶した。。。

 

こんなんに取り憑かれたらアシュトンも怒るわ…と思いながら…そりゃそうじゃ…

 

しかし流石にすぐ持ち直した。

ハヨネコのエレバが解けたときは、和ヶ原先生が退場の挨拶をしているところであった。あああああ

そしてここで、ラジオーシャンからのビデオメッセージが!最後の生放送じゃねーのかよwww

新タニシ滅絶追加と共に、新キャラ「トモカズ・フラッグ」の発表wwwww

そっちの杉田か〜と思ったらリカルド要素も入ってて吹いたw

モカズのヒドさについては後日イベントを遊んでの感想で語るとしよう。。

 

そして最後はやっぱり始まった幼なじみコーナー\(^o^)/

井澤さんと赤崎さんに、ヤンデレ幼なじみの三行セリフを読んでもらい、どちらが幼なじみに相応しいか競うというもの。半場大先輩にも読ませようとしていたものの、代わりに豊永さんと小野さんも読んだ。

たのしかったよね…ヤンデレ解釈なんか決まってくるかと思いきや、4人それぞれ個性が出ていてなかなか奥深かったですわ。声優さんってやっぱすごいよね。。

台本では幼なじみ何人かいたらしいけど、押してたのでヤンデレだけで終了。1人でよかったんじゃないかなっ。

 

chapter6:休憩その2 

星海RADIOは17時に終了し、20分間休憩。

地震はなかったものの、フードが混んでいるのとトイレの回転がいいのは変わらずの休み時間。

場内アナウンスゲストはネルさん!ちゃんと去年のことにも言及してくれてたよ!

そして我々はまたコローザ様のスクワットを見せられるのであった。どこでやってるんだよこれww

謎のクッキングコーナーも再びであった。なんだったっけ…なんかすごくイマイチなサムシングだったよね…

 

chapter7:桜庭統ライブ

うわああああああああああああああああああキンブレブンブンマンだよおおおおおおおおお(^-^≡^-^)ノシ

と思いつつも、今年のキンブレは手動で色を変えないといけないし何色が正しいのかよく分からなかったので、取説も読んでいない私は初め混乱した。じゆうでええんや。星の海らしく基本ブルーで。

私がこだわったのはThe incarnation of devilは亡びのポンデリング色(緑)。

モニターに流れていたのは去年同様のスタオナンバリングシリーズのシーンもありつつも、今年はアナムネシスのバトルやシナリオが流れるのが多かったですね。The incarnation of devilではもちろんルシ様だったけど、最初が十種のベリーパフェ提供シーンだったのは笑いましたw

キンブレの話に戻って、クロセルのテーマことThe Divine Spirit of Languageはもちろん赤で!

いやーこの曲はスタオシリーズ五本の指に入るカッコよさだかんね…!アナムネでも未実装なのにここで聞けたのはホントに嬉しかった!!鼻血の赤!!(?)

「今回はゆっくりめな曲も〜」という桜庭さんのMCの後には、町や村の曲も3曲ほど。

スタール村が聞けたのはうれしかった。PS4はSO5エディションを買った私としては、この曲はPS4の曲も同然なのである。

そして自分の結婚式の入場直後、新郎新婦紹介コーナーで流したのもこの曲だったのである。誰にも気づかれない!思い出深いですな〜

プレイヤーの皆さんは5人とも超絶カッコよかったですが、ギターの大橋さんが金髪短髪メガネに白シャツネクタイ、棒立ちで超絶技巧をかますというのが私の性癖にどハマりしてヤバかったですウヘヘヘ

 

本編は社長室で終了し、アンコールはSTAR OCEAN FOREVER。

そして珍しくテンション上げ目な桜庭さんが「ここでしか聞けない曲だと思います!」とアナウンスしての一曲がラスト。

明らかにバトルな曲が始まる。ん?なんか聞いたことある気はけどこれスタオで聞いた覚え無いんだけど…

と思ってたら、SO1のバトル曲・FOR ACHIEVEだった。ていうか、FOR ACHIEVEに「なった」。カッコいいんだけど、???

するとモニターに衝撃の映像が…

テイルズオブファンタジアの戦闘シーンやん。

そしてまもなく、テイルズオブファンタジア(以下TOP)の主人公クレスくんが、アナムネシスのラッシュコンボをかます動画が!!

えええええええええええええええええええ????!!!!!!

 

まったくピンと来なかったけど、TOPのバトル曲とFOR ACHIEVEのメドレーでした!うわあああああああああああああああとんでもねぇものを聞いたああああああああ

 

chapter8:休憩その3

桜庭さんのライブは19時10分に終了して、20分休憩。

まさかのテイルズオブファンタジアの衝撃でホゲーとトイレに行って終わる。

この時間、なんとドリンク・フードの値下げが行われ、フードコーナーは一瞬で30分待ちになったけど、もうTOPであたまがホゲゲゲg

筋トレなんなんマジで…wwしかしラストの3分クッキング・しらす丼は普通においしそうだった。

 

chapter9:スターオーシャンアナムネシス生放送

そしてラストはいつもの面々、たかあき・ゆのリーシュちゃん・コロ?ちゃんに、影アナウェルチでお久しぶりの生放送!

え、一人たりないとか野暮なこと言うなよ!もういいんだよこれでベストメンバーだよこれが!!

ていうか、もういいよね?このブログ、この辺でもう1万字だよ?この生放送アーカイブもあるからみんな見てよ超楽しかったよ!!(雑)

私昨日からずっとこのブログ書いてて記憶が薄れるないうちに一日で書き切りたかったのにラプラス6匹も捕まえたり2週間ぐらい掃除してない部屋に掃除機かけたりやらなきゃいけないことあって全然描き終わらなくて今日なんか仕事?仕事とかいうやつに行っていつも通り21時近くまで残業しててもう限界なんだよ!!

とにかく!早く!ここに到達したかったんだよ!!

私は!チェスターと!アーチェが!チェスアーが!!死ぬほど好きなんだよおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!

 

chapter10:おわりに

あ、うまいことEP2が10章にw

ということで、「スターオーシャンはTOPのパクリゲーじゃねぇ!TOPはスタオの原点なんだよ!そんな二つのゲームが奇跡のコラボ!」が目玉で終わった今回の生放送。

最後に「ボロボロのコロ。砂漠に横たわるティカ。扉の前に立つリーシュ。」という意味深な絵と共に、「EP3開発中」のアナウンスがされて全編終了。

今年もあった豪華なお土産はこちら。

・和ヶ原先生によるEP2裏話、EP2キャラ立ち絵やシナリオのイベントイラスト、そしてTOPコラボに使われたイラストが収録された星海祭スペシャルアートコレクション!(超うれしい)

・梶本ユキヒロ先生によるアナムネシス×テイルズオブザレイズ(TOPではないのである)コラボイラストポスター

うまい棒

あー…最高だわ…

今年は文句はございません!星海祭への文句はございません!!

しかしだわ

しかし…

 

星海祭まで持ってくる流れがちょっとなぁ。というのは正直、ある。

申し訳ないんですがめっちゃ正直にいうと、私はウェディングイベント今年もやってほしかった。

去年は人気投票で決めた1位の婿と嫁を星海祭で発表して、そのあと突然2位3位の嫁を実装してきたじゃないですか。

そしたら2位3位の婿がいてもよかったじゃんね…だってアシュトンとアルベルですよアンタみんな見たいでしょコレ…。このコンビ、黒将アルベル&オペラさんのイベントでもいい感じに絡んでたし。

しかし奴らは人気が故に男キャラにも関わらず既に3人もいるからな(´・ω・`)まだ未実装のキャラもいるのにこれ以上わがまま言えないわーというのは重々承知なのですがね。。。

そしてTOPにはなかなかの思い出があるハヨさんとしては今回のコラボめっちゃうれしいんですが、

なんてったって今年5回目のコラボですよ。ハイペースすぎるんだよね。。

他のコラボが星海祭を陣取るのは許されんが、なんてったってTOPなのでこの発表は星海祭でよかったと思うんだけど、もうちょっとコラボの間隔空けるべきだったのではなかろうか('-')もうスタオキャラのイベントはコラボに勝てないのかな?と若干モヤモヤが残ってしまったのは否めなかったです。

 

以上の2点をかんがみるに、長期的視点で見たとき過去展開をかなりミスっているのがアナムネシスの痛いところなんですよね。。

いろいろあったせいでユーザーの不信感もどーしても拭いきれてないし(´・_・`)

それでも、今回発表あったボーマン先生はじめとしてナンバリングタイトルキャラの実装は進めてるし、私はたかあきもとい甲斐Pの姿勢には誠意を感じるので、この先はみんなの納得度が上がる展開を頑張ってもらえると信じています。たかあきは本当にユーザーに感謝してるけどこういう場でうまくしゃべれないタイプなんだと思うんだな…

先日実装されたオーダーシステムはバトルに新しい面白さを盛り込んでくれたし、創造主と化した和ヶ原聡司大先生のシナリオは朗読劇にしろコラボにしろEP2にしろスタオを分かりまくってるだけあって文句なしにスターオーシャンしてるではないですか。

魅力的な新展開に目を向けて、私はこれからも応援して行くぞ!EP3たのしみー!

 

まとめ

星海祭2019は

f:id:hayoneko:20190528012240p:image

サイコー!!

 

来年あるなら、今度こそぼっち打開したい…('-')

 

epilogue:霊力 

帰宅してから引いた無料ガチャはカタリーナ、無料10連はたゆたゆたゆゆんでした。

しかし会場で艦を放ったリミブレディープスペースは

会場には霊力があったぞ!