ハヨネコ東京1K日記

スターオーシャンアナムネシスに没入するアラサー会社員が東京に突撃したblog

ヴァルキリープロファイルの思い出〜会社員よ戦乙女となれ〜

やべー

今日マジで何もする気が起きませんえん ずっとベッドでぐったりしている

昨日帰宅した瞬間から床で死んでいたよ…。通勤時から既にゾンビ化してたので早めに帰るつもりだったし早めに帰ったつもりが、会社最寄り駅で時計見たら21時前だった。

全然早くないやんけー\(^o^)/時間感覚すら死んでるやんけー/(^o^)\

 

嗚呼いますぐ仕事辞めたい…おうちで淡々と掃除洗濯料理をゆっくりとする日々を過ごしたい…健康ほしい…体重50kgまで戻したい…

しかし今の職場でプロジェクトを回せるノウハウを握ってるのが、私と性格クッソ悪い先輩だけなんや…先輩は情報共有がホンマうんこだからうんこ…UNKO…

マネージャーは全然マネジメントしねぇくせに部下を吊るすのが大好きだし、ボスはボスで小さな戦士ミクロマンなマネジメントだし…

いや、私は傷ついても構わない。がんばってる同僚がいじめられる姿をもう見たくないの!

私はプロジェクトに一区切り着いた後でも尚現状が続くようなら辞める気マンマンなので、最近は周りの評価とか気にせず暴れまくって色々な障壁をデストロイしており、それで今なんとかなってる感ある。そんな私が今いなくなったら、みんなオロオロで、プロジェクトが絶級から覇級になってしまうお。。

f:id:hayoneko:20181027152715j:image

もうモチベがホンマこれしかねぇ

でも私ヴァルキリーちゃうからな、、人間だからな。。

傷ついても構わないといいつつメンタル激弱だし、何よりフィジカルな方のスタミナが全く無いからな…ちょっと残業続くとすぐ不死者になっちゃうからな…ロキなんかぜってー倒せないしエインフェリアにすら選定されないからな。。

 

はいよ さっきから謎の単語が乱舞してますが

わかるよね、だいたいみんなアナムネ日記見に来てるんでしょ?わかるよね?

ヴァルキリープロファイル」プレステRPGの最高傑作

何もやる気が起きないけれど、スマホでブログを書くのだけはなんかできる。

ということで、「『えらい人の言うことをただただ聞いても何も掴めない』っていうのは、思えばヴァルキリープロファイルに原体験があるのかもしれない」というおはなしをするよ!

 

ヴァルキリープロファイル(以下VP)あらすじサクッと説明っ!

VPの世界では神界戦争の真っ只中!上の絵では既に死んでるオーディン(壮絶なネタバレ)の命を受けた戦乙女・ヴァルキリーは、人間界に降りて優秀な戦士の魂(エインフェリア)を集めて育てて、神界に送るのが仕事。

プレイヤーはヴァルキリーとしてその仕事を延々とやっていきます。最後の戦い・ラグナロクでは、ヴァルキリー自らが敵側のボスをボコボコにしに行ってハッピーエンド☆

…と、何も考えずにやってるとこうなるエンディングはホンマあっさり。

実はヴァルキリーさんは、この仕事がない期間は人間界で人間として過ごしていますが、本件直前の人間時代の記憶のみ、とある事情で封印されています。この封印を解くことで、ラグナロクの流れは大きく歪んでいくのです…!

この真エンディングに至るまでのシナリオの演出が、オープニングや中途のシナリオと見事に共鳴して、本当に神懸かっている。私は今も定期的に見てはマジで泣いています(つД`)

 

この真エンディングに辿り着けるかどうかは、ヴァルキリーのステータスパラメータ「封印値」をいかに下げられるかにかかっています。ゲームだからね〜そこは数値化されててわかりやすいのだ。

オーディン様の言うこと真面目に聞いて、エインフェリアを神界に送り続けてるだけだと、封印値がガンガン上がってしまう。これでは真エンドにたどり着けない。

しかしあまりに仕事をサボってると、上図で突っ立ってる金髪美女フレイ様に粛清されてしまいます。粛清はマジモンのゲームオーバーです。

ていうかサボリが顕在化してくると、一回フレイ様にガチで怒られるイベントが入ります。これが当時中学生だった私にはマジで怖かったwwこわいよね?!ブチギレフレイ様ホント恐い(((^-^)))

 

当時、エインフェリアを仲間にするたびに封印値が下がるのに気づき、「この封印値とか言うやつもっと下げたら、なんかあるんじゃね…?」と、攻略本見る前に勘付いた私マジでえらい!

そしてフィールドを巡り巡りしはじめ、封印されている記憶に関わる物や人に接触することで、封印値が下がることを発見。

エインフェリアは適度な人数を神界に送りつつ、いいタイミングで封印値を下げていくと、終盤で真エンドルートに入ります。これ初めて入った時ホント感動しましたわ…

 

つまり「上司の言うことはほどほど聞いておいて、押し込められてる本当の気持ち(自分他人含めて)に向かって行動する」ことで、感動のラストを迎えることができるんですねー。まさに会社員!俺達は戦乙女なんだ!(?)

 

中学生だった私はフレイ様にガチギレされた時マジでビビったと前述しましたが、現実世界の方でも人が怒っているのを見るのがホントに嫌な子供でした。

学校の先生の言うことはめちゃくちゃよく聞いてましたし、同級生が授業中とかに騒いだり内職(アレだよ、授業聞かないで別の科目の勉強する方のだよ…)したりしてるとすごいビクビクしていました。まぁこれは実父が、気分で怒鳴り散らしてくるウンコ親父だったせいなんですが。。

なのでVPでも、最初はオーディン様に反する行動を取ることにちょっぴり抵抗があったものの「ま、ゲームだから、言うこと聞かなくても死ぬわけじゃないしな…」と思い、結果、真実に辿り着くことができたわけでございます。

ちなみに、現実世界でも、他人に反抗したってほどほどであれば別に死なないことに気づくのは、だいぶ先の話ですorz

 

はーヴァルキリープロファイルの感動を回想したら元気出てきました。ムクリ

必殺技集の動画流しながらごはん作って、無事食べ終わりました。一汁一菜小鉢つき。素晴らしいわ!

VP必殺技はマジでテンションがあがる。桜庭さんの曲はすんばらしいし。

よーし、職場のレナス・ヴァルキュリアに俺はなる!感動のラストでプロジェクトを締めくくってやるわ!!

でもちょっとね、、今は身体の方がズタボロだからね、、

(中学生時代の)記憶も取り戻したことだし、一回アーリィ姉さんとズンドコベロンチョして、身体替えてもらえませんかね?レザードヴァレスさーーーん?!

 

VPは最近スマホアプリでも発売されたので、未プレイの方は是非やってみてください〜。ホンマ最高のゲームです。

ちなみに推しキャラですが、Aエンド絡みの人はみんな好きだけど、他のエインフェリアだったら、

・ジェラード(アリューゼ兄さんとの絡みがかわいすぎ…元祖のじゃロリ。コイツのせいで私は「万死に値する」を乱用するようになった)

・カシェル(作中唯一のバカ明るいキャラで戦闘ボイス楽しかった!しかし強いかというと…w)

・ロウファ(金髪美形。これが全てを物語っている。以上。様付けで呼ばれたい〜)

・ラウリィ(VPはSO2に散々ハマった直後にやったので声だけで最強感があったw)

・夢瑠(かわいい エピソード泣ける)

・詩帆(ザ・薄幸美女)

あたりですかね。でもエインフェリア選定に至るまでの死に際エピソード見せられたら、もう全員に感情移入せざるを得ないよね…!吉成兄弟のイラストも最高なのよ〜

 

 

そういや「『?!』か『!?』か問題」がネット上で見受けられるけど、VPは「?!」なんですね。私も「?!」派なのです。

なんか「!?」が正しい説をどっかで耳にして最近矯正しようとしてたけど、これからも「?!」で行こうと思います。