ハヨネコ東京1K日記

スターオーシャンアナムネシスに没入するアラサー会社員が東京に突撃したblog

カレーをスパイスから作る

どうも、ハヨネコです。

こないだ名古屋のおうちに帰った時のことです。

 

暇です。

 

あまりに暇。

東京なら暇じゃないのかというとそんなこともないんですけど。私は休日はいつでも予定が入っているリア充アラサーでは全くございませんので。

しかし名古屋のおうちは本宅なので、北向きの東京のウサギ小屋と異なり、一般家庭にあるものがだいたい何でもあります。

例えば、デカい鍋。

 

「そうだ、カレーを粉から作ろう…!」

 

粉とは。

カレー粉ではない。

スパイスです。

 

カレー。

それはおいしい。1回作れば3〜4食は賄える忙しい現代人の強い味方。

スパイスの力で元気が出る、気がしないでもない。

しかし「スパイス」とは。

「スパイス」とはカテゴリの名称であり、カレーがカレーたるそれを指したものではない。

カレーの独特の香り。あいつは一体なんなんだ。

それを突き止めれば、我々は最強のカレーに巡り会うことができるのではないか…?

 

ということで、やってみました。

ググって参考にしたのはコチラの記事↓

www.hotpepper.jp

・使用するスパイスが4種類

・スパイス以外の材料も手に入りやすく種類も少ない

という理由で採用。

私は勢いでスパイスからカレーを作り始めたが、スパイスを沢山買い込むと絶対持て余すことは流石に分かっていたので、材料種類が少ないことはレシピチョイスの需要な要素であった。

f:id:hayoneko:20190721084822j:image

ということで買い揃えたのはこちら。最小サイズの小瓶で。自分でゴリゴリしなくていいように全てパウダーで買いました買えました。

うんこ以外なじみがなさすぎる。おい。そんなターメリックも某二日酔い止めドリンクでしかお世話になったことがないよね…

あとレシピではトマトピューレが要求されていましたが、これも持て余し率高いので、量は増えるけどトマト濃度としては同じかちょい高いぐらいと判断して、トマト缶1缶で代用します。水っぽいので、入れる水はレシピより控えめに。

f:id:hayoneko:20190721084829j:image

作成中。

もはや恒例となり始めたハヨネコさんの写真下手が炸裂。

チリペッパー・ターメリックを入れたところまでは色合いが綺麗だったのですが、量が多く色も地味なクミンの撒き方で全てを台無しにしました。あとターメリックこぼしとるがな。写真が、とかじゃなくて色々不器用すぎて下手。

そんな局面ですが、ここで理解したのは、「カレーの香り、それはクミン。」ということです。

甘めの香りは大半がコイツ起因と思われます。そしてそこにスッと抜けるようなスッキリ感を加えているのが「コリアンダー」さんです。

「カレー」は生まれながらに「カレー」ではなく、スパイスのチームプレーによって成立していることを身を以て体感。

f:id:hayoneko:20190721084846j:image

コンロが汚ねぇ…

しかしカレーっぽくなってきました。

体感ポイント2は、カレーの香りはスパイスでも、ベースは煮詰めた野菜であるということ。今回はトマトと玉ねぎですね。

今も変わらずですがバーモントカレーのCMでりんごが入っていることをアピールされているのを見て、幼少の時「おいしそう!」と思って買ってもらったものの、食べたら「どこにりんごが…」と首を傾げたのをよく覚えていますが、こういうことだというのが良くわかります。

また、今回はカレールーを主に構成している(と思われる)小麦粉は一切使っておりません。やはりベースは野菜なのです。スパイスから作れば、カレーは糖質オフできる。。

f:id:hayoneko:20190721084855j:image

完☆成

香草にはパセリを使用しました。

このパセリが焦げみたいに見えるのと、主な具である鶏肉が全く主張していないせいで、イマイチ美味しそうに見えませんが、お味の方はーーー

 

トマト。

TOMATO -トメィトゥ-

 

でもちゃんとカレーだーーー!\\\\٩( 'ω' )و ////

 

トメィトゥになることは、トマト缶を全部入れた時点でうっすら感づいていたので、僕に後悔はありません。

それよりもこのスパイス4種でしっかりカレーになったことに感心!そしてめっちゃ辛い。

f:id:hayoneko:20190728092139j:image

こいつのせいです。チリ・ペッパー

レシピ通り小さじ1/2しか入れていないというのに。

音石ぃぃぃぃぃ!!!!という気持ちに。

f:id:hayoneko:20190728092136j:image

レッド・ホット・チリ・ペッパー こごでパワー出さなくても強烈だった

おいしいトマトカレーになりました。よかったよかった。

 

 

あまりに暇なのでスパイスからカレーを作ってしまいましたが、

忙しい平日はこんなことする時間も元気もなく、

お惣菜やインスタント食品に頼ることもしばしば。

もちろんそれが悪いということは全くないのだけれど、

このように素材が加工される前からスタートして料理をすると、

添加物とか化学調味料とか、そんなものに翻弄されずに済むので、文明に勝利した気分になれる。

そして「ちゃんと自然由来のもの食べて生きてる!」ことを実感でき、素材そのものの栄養や効能を選択していることで自尊心が高まる。

そんな理由なんですかね、私は料理がけっこう好きなのでした。

 

「忙しい平日はこんなことする時間も元気もない」し、休日だってそんなにいつもやる気が出るわけではないのに、

やっぱり、スパイスが、めっちゃ余ってます/(^o^)\

これきっかけに最強の調合を研究する領域に踏み込むかと思ったけど、スパイスの消費スピードが台所スペースを占有して然るべきなものには到底たどり着かなそうなので、これ以上はやめておきます(´・ω・`)

賞味期限が2年以上あるのでのんびり使えばいいですが、そういうこと言ってると二度と使わないからな。。

新レシピ開拓すべし。そしてまたカレーしようぜ。