ハヨネコ東京1K日記

スターオーシャンアナムネシスに没入するアラサー会社員が東京に突撃したblog

英語できなくて爆死したけどね

 

君はオフィスで英語ができなくて辱めを受けたことがあるか。

 

ある〜٩( ᐛ )و

ハピネス祝日!about to ゲロなハヨネコさんだよ!

 

昨日のことだ!

ハヨさんは担当している仕事の関係で、どーしても英語機関に問い合わせをしなければいけなくなった。ゲロー

ハヨさんは英語はまぁまぁ読めるし書けるが、音声になるとどうもダメなヤツだった!あるあるだね!

基本的な担当業務は全く英語必須じゃないのに、最近この案件のせいで英語責めに遭っているよ!ファーーー

先週もこの英語機関への問い合わせを実行したが、その時は英語に不自由が無いらしいパートナーさんに受け答えを代行してもらったんだZ!姑息〜

この問い合わせにより事態は沈静化するかと思いきや、昨日出社したらまーた問い合わせしないといけなくなってたんだZE☆\(^o^)/

休日の中日に出勤した殊勝な一般職員にドイヒー極まりない仕打ち、、、二度あることはサンドリヨン!

 

今回もパートナーさんを盾にしてもよかったのかもしれないが、ハヨさんは男らしかった。(※女です)

「ここは主担当として、バシッと受けなければ…!

 大丈夫だ、私はTOEIC800点越えの称号をもつ女!バッチこーい!」

 

問い合わせ自体はメールだったが、回答が電話だったのである。

電話を待つ間、ハヨネコはプルプルしながら仕事していた。 

 

仕事の方に意識が向きプルプルしなくなってきた時分、

ハヨネコに貸与された業務用アイポンがプルプルピヨピヨした。

画面には知らない番号と、局番から割り出された地域が表示された。

 

「インド」

 

(^p^)

 

英語圏じゃねーのか。。IYA NA YOKAN

 

周囲に「やだ〜インドから電話かかってきちゃったよ〜」アピールをしながら、電話を取る。

 

ハヨ「ハロー?」

 

相手「◎▲◇×〜Ω☺︎♪☆?John?」

 

ハヨ「John。」

 

誰?

 

私や。 ※ジュンイチさん名義で問い合わせしてた

 

ハヨ「Yes!」

 

ハヨオフィスから漏れ聞こえる声。

クスクス…

こ、これは、、

硬質小麦の一種であるデュラム小麦の粗挽に水を含ませ、調理後の大きさが約1mm大の小さな粒になるように丸めてそぼろ状にしたもの(出典:Wikipedia)の名称を口ずさんでいるのでは無い。

テンパったハヨさんの挙動に皆失笑を禁じ得ないのだ。。

お、お前ら、、

同じ状況に陥ってみろよ…!ぜってー半分は同じかんじになるで!殺意!!

 

相手「(全然何言っているか分からない)」

ハヨ「う、うん…」

相手「Do you understand English?」

ハヨ「あ、a little. Please speak slowly.」

相手「OK. (もはや疑問形なのかどうかすら全く分からない)」

ハヨ「ウホ…ウゴゴゴゴ…」

 

ハヨネコがテンパりすぎてハヨゴリラへと進化しかけていたその時、

オフィスにゴリラはいらないと、立ち上がる者がいた。

「電話代わりましょうか?」

 

彼は、欧州人でありながら業務支障が全く無い程度に日本語を操れる、隣の部署のシニアマネージャーであった。

仮の名を

f:id:hayoneko:20191022135106j:image

エマーソンとしようか。

本人にちょっと似てるし…髪が赤ければより近づく。

f:id:hayoneko:20191022135109j:image

これだ!(課金発生)

 

私はエマーソン氏に全く躊躇なく電話を差し出した。 

エマーソン氏は、インド人と英語で会話し始めた。時折電話を中断し、私に日本語でインド人の回答内容を通訳してくれる。

エマ「あー、インド人の英語、聞きにくいんだけど…」

だ、だよね!

わたし、エマーソンの英語はめっちゃ分かるもん…!

さすがアメリカ人(仮)!母国語らしい綺麗な発音や…!

 

しかしこの半端なリスニング能力により、エマーソン氏のラッシュコンボがハヨネコに決まることに。

 

インド人との電話の締め

f:id:hayoneko:20191022135244j:image

エマ「NONONO!

メールで返事して!メールだったらGoogle翻訳でも使えばコイツでも内容分かるからさぁ!(※英語でそんなことを言っている)

 

ゴフォー_:(´ཀ`」 ∠):

たぶんインド人が「また電話していい?」って聞いたのだろう。

エマーソン氏は電話を切ると、私に優しく話しかけた。

エマ「気にしないで!私も日本語が分からないことがあるから、ゆっくり話してネ。」

あ、アリガト…

でも、エマーソン、私の英語は「分からないことがある」じゃなくて「分からねぇ」と思ってるよね?(^p^)

 

失意

自分に失意

この後なぜか便器にメガネ落としたし(マジでなんでだよ)

問い合わせした案件も沈静化しねーし

ああああ〜ん

酒だーーー!!カモン、レモンサワー!!

コスパがいいんだよ!!!! 

 

 そして二日酔いなう。ゲロイムゲッサム。ただの自業自得だった。

 

 

いいですか皆さん

自慢じゃないですが まぁ自慢ですが

ハヨさんはセンター試験、英語198点だったからね。

初めて導入されたリスニング、満点だったからね。。 ぁ年がバレちゃう

理系のくせに、だいたい英語で点とって大学入ったからね。。

そんでもってTOEICも800点越えてたからね。。まぁ5年以上前の話なんですけど。

これが日本の英語教育の限界!

というか、リアルに使える英語を本気で伸ばしたいと思ったら、テストの点取りでは全く測れない力が必要、ということをハヨピスが体現しました。拍手!(ブーブー

 

テレビCMでは同世代の公文マンが流暢な英語を喋っている。

幼少からの教育が肝心ということか。

うちも公文行っとけばよかったのか…Nバッグ背負ってる場合じゃなかった…

 

いやいやいや

日常的に使える力はサッパリついていないとは言え

流石に素地はあるはず

今からでもやればできるはずだ

この悔しさをバネにして、今後このブログは「ハヨネコ英語ペラペラ日記」に改題し、ハヨさんがアラサーからの努力によりEnglish frequent womanになるプロセスを紡いで行きます。みんな、よろしくな!

 

そんなわけあるかーい\(^o^)/

英語できるようになる可能性は微レ存だけど、ブログの路線変更なんかあるかーい\(^o^)/だいたいfluentとまちがってんぞお前

 

力不足による失意をレモンサワーで慰め、二日酔いになる!

その繰り返し!

このループにハマっているのは、決して私だけではないはずだ。

わかっているのだよ。力をつけるには、日々の努力の継続が必要だってこと。

そしてすぐには結果が出ないということも…!

 

実力とは、その努力を乗り越えた先にある。

嗚呼、公文のCMの人、スーパーサラリーマン達への敬意が止まらないぜ。。

エマーソン氏も日本語できるようになるまでには相当の苦労があったに違いない。

サボリンガルなハヨピスにその力を貸してくれるなんて、、敬礼するしかない。

 

とは言え、ハヨさんもめちゃサボってるわけではない。

毎日仕事行くだけでもえらいやん。

去年までは働きすぎて病気になっていたじゃないか…まだ薬飲んでるからね…。

 

ハヨさんは人にも自分にも多くを求めない。

なので

英語できなくて悔しい気持ちを、ちょっとでも努力に向けたとしたら

えらえらいえらいえらいちゅちゅちゅちゅちゅ

ってほめます。

ちゅちゅちゅ!

 

f:id:hayoneko:20191022155423p:plain

ハヨゴリラ